宇都宮JAZZ協会
トップページトップページ新着情報新着情報ジャズ協会についてジャズ協会についてイベント情報イベント情報スケジュールスケジュール演奏者紹介演奏者紹介店舗紹介店舗紹介アクセスアクセスリンクリンクアクセスアクセス


HOME > 新着情報 > 2018年 > 一覧

2018年の新着情報

宇都宮 JAZZ CRUISING 2018 Vol.2
Candle Night
Supported by FUTABA

開催日:2018年8月25日 (土)

※演奏スケジュール、演奏者は急遽変更になる場合もございますのであらかじめご了承下さい。宇都宮ジャズクルージング加盟店とジャズクルージング実施店は異なりますのでご注意下さい。尚料金形態等は各店舗にて異なります。
詳細は実施各店舗までお問い合わせ下さい。チケットの販売は加盟各店舗にて販売中。
当日券 1枚1,200円/前売り券 1枚1,000円

宇都宮 JAZZ CRUISING 2018 Vol.1
Supported by.キリンビール株式会社 栃木支社

開催日:2018年6月9日 (土)

※演奏スケジュール、演奏者は急遽変更になる場合もございますのであらかじめご了承下さい。宇都宮ジャズクルージング加盟店とジャズクルージング実施店は異なりますのでご注意下さい。尚料金形態等は各店舗にて異なります。
詳細は実施各店舗までお問い合わせ下さい。チケットの販売は加盟各店舗にて販売中。
当日券 1枚1,200円/前売り券 1枚1,000円


「ジャズの街宇都宮」の老舗ライブハウスオーナー達が、今聞いてほしいミュージシャン達を集めて開催する特別ライブ。
今年は、デスティネーションキャンペーン期間に開催。そのため、ジャズだけでなく、宇都宮の観光が満載。
飲食では、ヴィラ・デ・マリアージュ宇都宮が、地元の契約農家のイチゴをジャズライブに併せてアレンジしたメニューをはじめ様々な飲食メニューを提供。また、宇都宮カクテル倶楽部のバーテンダーによるオリジナルカクテルをお楽しみいただけます。さらには、各ステージ終了後に、宇都宮餃子、宇都宮カクテル、栃木県産イチゴ、ホテル宿泊券などが当たる抽選会を実施します。
今年の特別ライブは、「特別中の特別」の内容となっていますので、各店舗でチケットをお求めの上、ぜひヴィラ・デ・マリアージュ宇都宮にご来場ください。

デスティネーションキャンペーン記念 宇都宮ジャズ協会特別ライブ

鈴木道子 with 新鋭ピアノトリオ
Featuring レジェンド 大野俊三


日 時:2018年4月8日 (日)
昼の部 開場14:00/開演1430
夜の部 開場17:30/開演18:00

会 場:ヴィラ・デ・マリアージュ宇都宮
〒320-0826
栃木県宇都宮市西原町3558-1
TEL: 028-651-4122

無料送迎バス運行のご案内
JR宇都宮駅東口発 ヴィラ・デ・マリアージュ宇都宮行き
13:45発/17:15発
ヴィラ・デ・マリアージュ宇都宮発 JR宇都宮駅東口行き
16:45発/20:15発
ライブ終了後、駅東口までお送りいたします。途中での下車はご遠慮ください。


出演ミュージシャン:
大野俊三(trumpet)
鈴木道子 (vocal)
熊谷ヤスマサ(piano)、古木佳祐(Bass)、山田玲(drums)

チケット:前売り 3,000円/当日3,500円
     全席自由、税込

大野俊三

trumpet

1949年岐阜県出身。
1974年にアート・ブレイキーの誘いでニューヨークへ渡り、アート・ブレイキーやロイ・ヘインズとの共演の後、ノーマン・コナーズのダンス・オブ・マジックに参加して、3年間にわたり世界ツアーを行う。その間、ノーマン・コナーズとのレコーディングでは、ミリオンセラーとなったアルバム「ユー・アー・マイ・スターシップ」にフューチャーされた『バブルス』の作曲・編曲をまかされ、ノーマン自身がリリースした『バブルス』のシングルレコードもゴールド・ディスクとなった。また、マチート&アフロキューバンズの一員としてアメリカ国内はもとより、欧州や南米ツアーにも参加。大野のソロをフューチャーしたアルバム「マチート・アンド・ヒズ・サルサ・ビッグ・バンド」は1984年度グラミー賞に輝いた。1983年よりギル・エヴァンス・オーケストラに参加し、1988年度アルバム「ライブ・アット・スウィート・ベイジル」で2度目のグラミー賞を獲得。

鈴木道子

vocal

東京都出身。 成蹊学園大学在学中より、学園祭やクラブなどでブルースやソウルナンバー、ダンスミュージックなどを歌い始める。卒業後、モータウン系のコーラスグループ "JOY" に参加、本格的なプロ活動に入る。1984年頃から度々渡米し、伝説的なジャズシンガー、JIMMY SCOTT に師事。 1995年、黒生ビールのCMソングに登場し、そのブルージーな歌いかたが視聴者の高い関心を呼び、ヴィーナスレコードからCD “Afte Nine” がリリースされた。 JAZZを、歌を愛してやまない道子の歌は、ドラマチックであり、聴衆を自分の世界にぐいぐいと引き込む力がある。

熊谷ヤスマサ

piano

1979年生まれ、茨城県水戸市出身のジャズ・ピアニスト。 3歳よりピアノを始め、13歳頃よりジャズに興味を持つ。15歳の頃に浅田光子に師事。98年に高校卒業後に渡米し、バークリー音楽大学に入学。ボストンのジャズクラブでセッションやリサイタルに明け暮れる。 また、ゴスペルやスムースジャズなど幅広く学び、2000年の卒業後にニューヨークへ渡る。ハウス・バンドで演奏しながら、ロバート・グラスパー主催のジャムセッションなども経験。2003年の帰国後、東京を拠点に、自己のバンドのほかサポートやアレンジ、楽曲制作など幅広く活動。 東京キネマ・ジャズトリオにも参加。

古木佳祐

bass

1990年生まれ 神奈川県出身。歌手の母、ピアニストの父の音楽一家に生まれ幼少の頃よりジャズ、ワールドミュージックに親しんで育つ。 コントラバスを山下弘治氏、ジャズピアノを飯沼五洋氏に師事。10代よりプロの場での演奏を開始し現在横浜、都内を中心に活動している。 共演者には、大野俊三(Tp)、Adam Unsworth(hl)、山口真文(Ts)、高嶋宏(Gt)、奥平真吾(Dr)、熊谷泰昌(p)、吉本章紘(Ts)など。 また作曲家、音楽理論の講師、ポップスアーティストのレコーディングなど活動の幅を広げている。

山田 玲

drums

1992年鳥取県北栄町(旧大栄町)生まれ。 幼少の頃から音楽に親しみ、高校卒業後上京する。 猪俣猛氏、本田珠也氏、Gene Jackson氏(ex.Herbie Hancock)に師事し、18歳よりプロ活動を開始する。様々な音楽シーンで活動するドラマー。 現在は主に、大野俊三(tp)Band、前田憲男(pf)、秋満義孝(pf)、熊谷ヤスマサ(pf)、松本茜(pf)、峰厚介(ts)、今津雅仁(ts)、浜崎航(ts)、中山拓海(as)、北川潔(b)、TOKU(vo,flgh)などのバンドで活動している。

ページトップページトップ